TOILAB増刷にあたり、マイナーチェンジした部分のお知らせ

こんにちは!コーチングカードTOILABです。

この度、2023年8月にリリースしたTOILABが2024年4月に1000個完売となり、5月より再販がスタートしました。完売を支えてくださった皆様も、再販をお待ちくださった皆様も、本当にありがとうございました!

さて、今回増刷にあたり、マイナーチェンジをした部分がありますのでお知らせいたします。ほとんどのTOILABユーザー様にはご迷惑がかかるようなことはありません。が、一部、複数購入してくださっている方で、初刷Ver.と増刷Ver.のTOILABを同じ場で使うシチュエーションがある場合、多少のご不便をおかけしてしまうかもしれません。

本来ならば、増刷分の販売前にお知らせすべきだったところ、遅くなってしまいましたこと、お詫び申し上げます。

では、増刷分の変更点をご紹介していきます。

変更点(1)コピーライトを入れました

むしろ、初刷はコピーライトを入れていませんでした、苦笑。デザイン面に記載を追加したのと、箱にも記載、あとは説明書にも書き加えています。

説明書は、箱を開けた時真っ先に目に飛び込んでくることもあり、モノクロデザインからカラーにしました。

変更点(2)GROWモデルのカード(#1-30)のデザイン面の文字を追加しました

TOILABのカードの#1から#30までは、世界的にも使われているコーチングのフレームワーク「GROWモデルコーチング」をアレンジしたカード設計になっています。

ただ、初刷のデザイン面にはGROWの文言を入れていませんでした。ところが、ワークショップや講座などで「GROWモデルのカード」と言及することも多く、だったらちゃんとGROWと入れておこう、ということで今回追加しました。そもそもあまり着目されない箇所なのですが、細かいチューニングをさせていただきました。

変更点(3)Cut-in Questionsの一部を変更しました

TOILAB複数個ユーザー様で、かつ研修などでお使いいただいている場合、影響が出るかもしれない箇所です。

#59と#60のカードの問いについて、変更させていただきました。

理由としては、コーチングのセッションをしている中で、私たちがよく使い、効果も実感しているものの一つに、「するとどうなりそう?」と「その先を予見してもらう」という問いがあります。実はこれまでTOILABを使っていても、ついついその問いかけを口頭でプラスしてしまっていました。そのことを踏まえ、Cut-in Questionsの仲間にぜひ入れたい、と今回新たにプラスしました。

ただ、カードの枚数は、全体的なバランス(主なカードは「10枚」などキリの良い枚数にしています)の都合上、カードを増やせないという事情がありました。そこで、初刷の#59と#60の「理由」を聞く問いと「目的」を聞く問いを1枚にまとめ、カードの総数を変えることなく#60の問いをリニューアルさせていただきました(#59に関してはコーチが、聞きたい問いを指差ししながら示してもらう使い方をしていただければと思います)。

まとめ

上記の点、「より良い改善!」との想いで変更しましたこと、ご理解いただけますと幸いです。初刷TOILABと増刷分TOILABを同じ場面でお使いの際など、少し補足をいただく必要があるかもしれず、ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

今のところ、変更したカードのみの単発販売は予定しておりません。ですが、お困りの点がありましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

以上、増刷分TOILABの変更点のご案内でした!

コーチングカード&トレーニングツール
TOILAB(問いラボ)

船橋由紀子・坂本勝俊 開発

TOILAB(問いラボ)は、使えば使うほどコーチングがうまくなる!コーチングカード&トレーニングツール。

TOILABを使うと、

 “今すぐ”効果的なコーチングを実践!
 実践自体がコーチングの反復トレーニング!

という効果が得られます。

コーチング、1on1、セルフコーチング、ファシリテーションなどでも役立ちます。気軽な活用から本格的な使い方まで、ぜひTOILABの世界をお楽しみください!