TOILABへの想いを語る①TOILAB誕生前夜

(アイキャッチは、最初に構想を閃いて作った、プロトタイプ1)

2023年8月にリリースした【コーチングカードTOILAB】は、おかげさまで「発売から8ヶ月」「口コミのみ」で初回生産分1000個を完売しました!応援くださった皆様、ご購入くださった皆様に、心から感謝申し上げます。

https://toilab.net

増刷という節目に当たって、TOILABへの想いをまとめてみようと思い、ブログにしてみます。語ると長くなるのでw、シリーズとしてお読みくださいませ。

*************

2022年冬、当時からオンラインのコーチ養成講座を運営していた私(船橋由紀子)とかっちゃん(坂本勝俊)は、ある一点に関して、真剣に考えていた。

それは、「どうしたら講座の受講生全員が、あっという間にコーチングが上手くなるか?」ということ。

コーチングという手法は、対話スキルの一つ。一見、日頃から馴染みがあるコミュニケーションの延長線上に見えて、実は習得はなかなか簡単ではない。

その難しさを、ちょっと説明してみる。

コーチングは、コーチ側が主に「聞く」と「問う」というスキルを使い、クライアントが想いを言葉にする過程で、「クライアントが自ら気づきや発見を得る」ことを支援するコミュニケーション手法である。セッションを経て、クライアントが「ねばならない」という制約から解放され、「やりたい!」という自発性・主体性を発揮し始めるのが、コーチングの理想である。

が、コーチングを学び身につける過程では、なかなかそう事はうまく運ばない。

人は得てして、「つい自分が話したい」もの。そう、全く悪意なく、自分の方が喋りすぎる。

さらに、人には人生経験で形作られた、各々のモノの見方がある。その自分のモノの見方を通したレンズで相手の話を聞き、「相手のため」と思って持論を語ってしまう、アドバイスまみれになる。これも、全く悪意なく。

あるいは、アドバイスではなく相手の話を聞こうと見せかけて、質問がつい自分の良かれと思う結末に導くための「誘導」になったりする。もっと行きすぎると「尋問」になってくる。

また違う観点で考えると、コーチングは「超マルチタスクコミュニケーション」である。
相手の話を聞き、受け止め、適切な質問をし、時に共感していることを言葉や表情で表現し、話のプロセスを進め、時間管理をし、相手を励ましたり勇気づけ、セッションを締めくくる・・・これらを同時に行うわけだ。

人によっては、「次にどんな質問をするんだっけ?」が気になり、相手の話をまともに聞いてあげられない。また人によっては、相手の話を聞きすぎて時間が経ち、挙げ句の果てに相手から「聞いてもらっただけで、新しい発見はありませんでした・・」などと言われてしまう。

上記のような難しさを孕むコーチングというものを、「どうやったら”誰もが””最も効果的に”習得できるか?」に、頭を悩ませていた。

そこで、突如閃いたのが、「カード」というツールのイメージだったのだ。(TOILABの名前も降ってきた)

コーチングの一部、「問い」と「プロセス」をカードに落とし込むことで、マルチタスクを分解する。脳の負荷を減らし、楽にコーチングできるようにする。また、最も「ピュア」な問いをカードに記載することで、誘導感、尋問感を軽減する。カードという「マイルドな強制ギブス」によってアドバイスモードを軽減し、「相手の話を聞く」道筋が自ずとできる。さらにこのカードを使い続ける「反復」の効果によって、使うほどにコーチングが上手になるトレーニングツールともなる。

そんなイメージがバーっと降ってきて、夢中になってプロトタイプ1から3まで、24時間で制作した。手書きで作った原型は、1日後、キンコーズで印刷したそれなりのカードにまで形を変えた。

これが、TOILABの誕生の、最初の最初の出来事である。

続く・・・。

プロトタイプ1、アゲイン↓ 12/6の夜に作成。

プロトタイプ2↓たしか、そのまま夜中に作った。

プロトタイプ3↓ 12/7明け方作成、キンコーズで印刷。

このプロトタイプ3を、どうしても「それらしく」作りたくて・・「かどまる」という角を丸くパンチするアイテムをAmazonで急遽取り寄せた。即日受け取れた!なので、上記の一部の角がすでに丸く切り取られているw

12/7夜、藤倉れあちゃんと石動ゆーじくんのコンサルDAY。その場で使ってもらって「えーー!すご〜〜い!」となって、そのまま作戦会議の様子↓

最後、謎の構図w↓

https://toilab.net

コーチングカード&トレーニングツール
TOILAB(問いラボ)

船橋由紀子・坂本勝俊 開発

TOILAB(問いラボ)は、使えば使うほどコーチングがうまくなる!コーチングカード&トレーニングツール。

TOILABを使うと、

 “今すぐ”効果的なコーチングを実践!
 実践自体がコーチングの反復トレーニング!

という効果が得られます。

コーチング、1on1、セルフコーチング、ファシリテーションなどでも役立ちます。気軽な活用から本格的な使い方まで、ぜひTOILABの世界をお楽しみください!